三 重 大 学 医 学 部 沿 革
明治9年5月 公立三重県医学校が安濃郡塔世村三重県病院内に設置される。
(初代校長野口安次)
明治16年9月 文部省より甲種医学校(全国で13校)に認可される。
明治19年3月 三重県甲種医学校廃止される。(三重県立病院は存続)
明治22年9月 三重県立病院の施設が今井病院長に貸与され私立今井病院となる。
明治43年4月 貸与期間満了につき津市立病院となる。
昭和18年12月 三重県立医学専門学校が設置され、津市立病院が移管されて附属病院となる。
昭和19年4月 三重県立医学専門学校開校。
昭和22年6月 三重県立医科大学が設置される。
昭和25年3月 三重県立大学が設置される。
昭和26年3月 学制改革により、三重県立医科大学並びに三重県立医学専門学校が廃止される。
昭和27年2月 三重県立大学医学部が設置される。
昭和30年4月 三重県立大学医学部進学課程が開設される。
昭和34年3月 三重県立大学大学院(医学研究科)が設置される。
昭和47年5月 国立学校設置法施行規則の改正に伴い、三重県立大学は国に移管され、三重大学医学部となる。(学年進行による)
昭和48年10月 三重大学医学部附属病院が設置される。
昭和49年4月 三重大学医学部附属看護学校が設置される。
昭和50年4月 三重大学大学院医学研究科(博士課程)が設置される。(三重県立大学大学院を移管)
平成3年3月 三重大学医学部附属看護学校が廃止される。
平成9年10月 三重大学医学部看護学科が設置される。(学年進行による)
平成13年4月 三重大学大学院医学系研究科医科学専攻(修士課程)が設置される。
平成14年4月 三重大学大学院医学系研究科看護学専攻(修士課程)が設置される。
平成16年4月 三重大学は国立大学法人となった。
平成17年4月 三重大学大学院医学系研究科が部局化された。